< 豆ごはん | Home  | おうち >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川田亜子さんのこと

今日は、ずっと家にいたのだが……。
お昼のニュースで、フリーアナウンサーの川田亜子さんの自殺を耳にする。

川田亜子さん、秘かにファンだった。
アナウンサーとしては、決してものすごい人というわけではなかったけれど、他のどのアナウンサーよりも「品」があると思い、ずっと注目してきた。
「女子アナ」などどいうバカげた呼称が、似合わないアナウンサーであると思っていた。

フリーになってからさらに輝くように美しくなり、これからもっともっと活躍の場が広がるところだったのに……。
本当に残念だ。

ニュースを耳にしてから、川田さんのブログをのぞいてみた。
確かに悩んでいる様子がうかがわれる。
仕事やプライベート。
いろいろな要因が重なり、自分を追い込んでしまったのかもしれない。
最近は、何でも「鬱」で片づけてしまう傾向にあるが、明日のワイドショー等では、きっとそのようなコントが出てきそうだ。

私も、数年前、更年期による「鬱」で、本当に死にたくなってしまったことがある。
元々楽観的な私だが、まるで穴に落ちていくかのようにどんどん気持ちが沈んでいった。
食事をしても、味が感じられない。
何を食べても、おいしいと感じない。
気力がまるでない。
体も思うように動かない。
ただ漠然と、「死んでしまいたい……。」と考えていた。
そして、ふと我に帰り、自殺するってこういう気持ちなんだとこわくなった。

残される人のことを考えたら、自殺なんかできないはずだ。
自殺するぐらいの勇気があったら、その勇気を生きる勇気に変えればいい。
そんな正統派の意見が聞こえてきそうだが、そのように判断できるようであれば、自殺など考えるようなことにはならない。
正常に考えが進まないほど、もうどうしようもない状態になるからこそ、自殺へと一気にジャンプしてしまうのだ。

でも、自殺してしまったら、もう二度とこちらの世界には戻ってくることはできない。
川田さんも、もう二度と美しい笑顔でカメラの前に立つことも、おいしい食事をすることもできないのだ。
自殺して命を失った人は、楽になるのだろうか。
それとも、何てことをしてしまったんだろうと、後悔の気持ちでいっぱいになるのだろうか。

考えれば考えるほど、わからなくなってしまった。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments

Re:川田亜子さんのこと
05/30, 2008 | 14:02 | URL | aki #- | [編集]
 川田亜子さん、生きていてほしかった、、、ですね。生きているうちに生きる希望に触れる何かがあったならと思わずにはいられません。。でも、一人ひとりの起きるのも臥すのも知っていてくださる方が……きっと、この方の痛みを全て包み込み、これまでの生を一緒に喜んでくれ、疲れをねぎらい、平安と憩いをご用意してくださっていると、わからない中で、何だかそんな風に感じている私です。
 「根拠のない自信」という言葉をさっきこのブログでhttp://blog.livedoor.jp/smbno6/読み、ふとここに記したくなりました。生きることに“根拠のない自信”を持っていい私たちなのでしょうね。。
Re:川田亜子さんのこと
05/31, 2008 | 08:59 | URL | マスターのしろくま #- | [編集]
akiさん、こんにちは。
本当に生きるのは難しい。
でも、生きているからこそできることがたくさんある。命を与えられいきていることが、私たちのいちばんの幸せ。
これは、中学生のころ、宗教の時間にクラス全員で導き出した結論でした。
遙か昔のこの授業で得たことが、ずっと私を支えたもののひとつです。
ご紹介いただいたブログ、拝見しました。
根拠のない自信。大切なことですね。
でも、近頃のいろいろな状況を見ると、失われてしまっているのかなと感じてしまいます。
すてきなブログを教えていただき、ありがとうございました。「子供へのまなざし」読んでみようと思います。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。