< 抹茶ケーキ試作 | Home  | しろくまとTシャツも正解♪(BlogPet) >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りバター

今週の金曜日は、いよいよケーキ講習会。
ケーキの試作もしなければならないが、昨日はまず手作りバターの試作。

本当は、9月のイベントでじゃがバターを売り、そのとき限定で手作りバター体験をしようと思っていたのだが、じゃがいもをふかす手間を考えて断念。
でも、手作りバターを作ってみたいということで、急遽ケーキ講習会でやってみることになった。
ケーキを焼いた後、その余熱を利用して、先生が用意してくださったイングリッシュマフィンを温め、そこに手作りバターをつけて食べていただくのだ。
ケーキの試食が少しずつなので、ちょっと別のものも用意したかったのでちょうどいい。

手作りバターは、数年前、すぐ近所のスーパーで夏休み企画として行われたものを参考にした。
そのとき次女が作ってきたバターが、とてもおいしかったのだ。

用意するものは、生クリームと空きペットボトル。
ペットボトルに生クリーム200ccを入れ、あとはシャカシャカと振るだけ。
しばらく振っていると、ペットボトルが重くなり、中の生クリームが動かなくなる。
この時点では、堅めのホイップクリーム状態。
その後、もうちょっとがんばって振っていると、そのうちにシャバシャバと音がするようになる。
水分とバターに分離してくるのだ。
そこからあと少し振れば、できあがり。
ペットボトルのふたを開け、水分を出す。
(この水分は、バターミルクと呼ばれるらしい。)
butter1

ペットボトルを立ててみると、こんな感じ。

ペットボトルを切って、さあ、バターを取り出そう。
少し柔らかめなので、ここで塩を混ぜ込めばいい。
レモン汁を混ぜればレモンバター、にんにくのすりおろしを混ぜればガーリックバターになるというわけだ。
butter2

できあがりをすぐ食べるも良し、冷蔵庫で寝かせてお料理に使うも良し。
所要時間10分程度で、とてもリッチなバターができるなんて、とても幸せな気分だ。

昨日は、このバターを使って牛肉を焼いてみた。
市販のバターに負けない濃厚なバターの香り。
作る課程は楽しいし、その上おいしいのだから、言うこと無し!

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。