< オイキムチ風? | Home  | なさけない >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手袋を買いに

手首の具合はだいぶいいのだけれど、やはり不自由。
仕事がたまっているのに、手がつっぱって字を書くのも入力も休み休みになってしまい、なかなかはかどらない。
しかたがないので、チャンネルをあちこち行ったり来たりしながらテレビを見ていたら…。

tebukuro1

まあ、ごはんくんのようだ。
大好きな「手袋を買いに」をやっている。
何というすてきな偶然だろう。
あまりにかわいいので、携帯で写真を何枚か撮る。

tebukuro2

やっぱりごはんくんは、白ぎつねさんに似ているのね。

手袋が買えて、良かったね。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


01/17, 2007 | 12:28 | URL | うるっち #- | [編集]
とってもかわいいですね。うちのこどもたちにも見せてあげたい。絵本をもっているのですが、予想どおり
「おててがちんちんする」
で大盛り上がりの三人です。(笑)

捻挫のほうはいかがですか? ご無理なさらずに。

01/18, 2007 | 07:32 | URL | しろくま #ax4px7aw | [編集]
うるっちさん、こんにちは。
本当にかわいかったですよ。たぶん、またリピート放送があると思います。三兄弟君たち、大盛り上がりしている様子が目に浮かびます。
おかげさまで、手首の方はあとちょっとで完治です。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
童話大辞典
02/14, 2007 | 20:22
【手袋を買いに】について
手袋を買いに『手袋を買いに』(てぶくろをかいに)は新美南吉作の児童文学。南吉の生前に計画され、死の直後に刊行された童話集「新美南吉#作品|牛をつないだ椿の木」(1943年)に収載された。冒頭部分の雪の朝の場面は清冽。全編にちりばめられた様々な光の描写が美しく印
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。