< 夕暮れどきの校庭 | Home  | 手打ちパスタ その2 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打ちパスタ その3

a339dcbf.jpg
今回も、いい生地ができた。
しばらく寝かせてから、いよいよのしていくわけだが、デュラムセモリナ粉がとても弾力があるので、自分の力で薄くのしていくのがとても難しい。
前、挑戦したときは、とても迫力のある太いパスタになってしまった。
味はとてもいいのだが、茹でるのに時間がかかる。
そこで、パスタマシンを購入した。
好みの薄さにのし、好みの太さに切っていく。
この作業がとにかくおもしろい。
次女は、にゅるにゅると出てくるパスタに釘付けだ。
今回は、細めのものを作ったので、次回は、フェトチーネに挑戦しよう。
 
パスタマシンは、TAKEYA ONLINE SHOPで購入。
             ↓
 
お値段のわりに、なかなかの使い心地。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


02/28, 2005 | 19:41 | URL | えみりん #79D/WHSg | [編集]
我が家はパスタ好き。家で手作りのパスタに挑戦するのも面白いですね。とにかくいろんなことに挑戦するのが大好きなので、近いうちにやってみよう。パスタマシン3850円とは絶対に買い!ですね。パパ大蔵大臣に今日早速おねだりしてみます♪

02/28, 2005 | 20:22 | URL | うさぎ #79D/WHSg | [編集]
 いいなあ。私もベーコンとほうれん草のパスタだけは(なぜ限定?)おいしいと家族で評判です。だから、この上は手作りパスタしてみたいです。
そういえば、うどんの讃岐が近い関係か、ちびうさたちは家庭科の調理実習で「手うちうどん」ってのがあったらしいです。母うさには食べさせてくれないのかなあ。食えるようなものができたのかなあ。家庭科の点数がこわい。

02/28, 2005 | 21:53 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
えみりんさん、是非パパ大蔵大臣におねだりしてくださいね。
餃子の皮やラザニアもできますよ。
うさぎさん、手打ちうどんは、ホームベーカリーでこねると本当においしいです。
中学の時、理科見学旅行で四国に出かけた娘は、讃岐うどん作りを体験してきました。そのときのお土産は、レシピと麺棒でした。
その麺棒を使ってのすと、ものすごくいいのです。
それはそれは極上の手打ちうどんが出来上がります。

03/03, 2005 | 19:08 | URL | satonaka #79D/WHSg | [編集]
先日は、遊びに来て頂き、ありがとうございます。後ほど遊びに・・・が、すっかり遅くなっちゃいました。スイマセン(;^_^A
しろくまさんの生地はHB製なんですね。柔らか過ぎないですか?
私も1番最初はHBで作ったんですが、柔らかくて、パスタマシーンのローラーに付くし、カッターで麺にしても隣の麺同士が合体しちゃって、大変だったんです(;´Д`A ```
うちのHBのパワーが足りないんでしょうね・・・ほかにもHBで生地作ってるお友達がいたので。
リンクまでして頂き、感謝です。同じHB&パスタマシーンユーザー、いろいろ情報交換出来るといいですね。

03/03, 2005 | 21:34 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
satonaka様、いらっしゃいませ。
HB製ですが、パスタマシンにはくっつきませんでしたが、麺にしたあとがやはりくっつきます。茹でているときに、お箸でさばけば何とかなりますが、粉の配合等に工夫が必要なようです。
手打ちパスタは、手打ちうどんより奥が深そうです。
また、おじゃまいたします。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。