< バイキング部 | Home  | 授業参観 >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

授業参観 その2

授業参観に出かけると、親の立場で見るのは当然なのだが、ついつい作文講師の目で見てしまうところもある私。

今回もいろいろと勉強になった。

まず、英語。

外国人のC先生は、優しく、楽しく、そして厳しい。

とてもメリハリのきいた授業だ。

私もメリハリのきいた指導を心がけよう。

ついついうけをねらってお馬鹿な話が長くなってしまうので、やはりメリハリを利かせなければいけないな。

 

次は、国語だ。

担任の先生の授業だ。

国語では、今、戦争中の物語を勉強している。

主人公の両親が我が子を思っているなと感じる文を抜き出す作業をやらせていた。

みつけたら、各自短冊に書く。

この作業。国語が苦手な生徒にとっては、かなりいやーな作業に違いない。

ひとつ書き終わったら、先生のところに短冊を取りに行く。

その都度取りに行くのは面倒だろうなと思ったが、立ち上がることで煮詰まってしまっている生徒もやや救われていることを発見。

なるほど。

そして10分後。発表が始まる。

挙手をして、指された生徒が発表する。

同じところを選んだ人は、発表した人のところへ短冊を持っていく。

立ち上がることで、またリフレッシュ。

そして、短冊がたくさん集まった生徒は、やはりうれしそうだ。

ここでも、やはりメリハリが必要と感じる。

 

私の場合は、生徒一人一人に対しての指導だが、今回もいろいろと参考になることがあった。

早速、その日から試したのは言うまでもない。

 

 

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


10/28, 2005 | 11:46 | URL | そうよ #79D/WHSg | [編集]
「要約指導」ですか?是非また教えてくださいね。

10/28, 2005 | 16:14 | URL | マスターのしろくま #79D/WHSg | [編集]
そうよさん、こんにちは。
我が子を思う気持ちが表れた文を抜き出していましたが、クラスのほとんどが同感のところ、少数派の意見など、なかなか参考になりました。抜き出そうと思ったら、何行にもわたってしまい、収拾がつかなくなっている子もいましたが…。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。