< 大きいな | Home  | 朝から暑い >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめって

いじめに悩んでいる生徒が多い。
作文に書いてくる子。
話の流れで、私にうち明けてくれた子。
うまく解決できた子。
まだまだトンネルから抜け出せない子。
 
電話だけでのつきあいだから、いろいろ話しやすいということもあるのだろう。
誰かに話すことで、少しでも心が軽くなればと思う。
そして、次の日は上を向いて学校に行く気になればと思う。
 
書店でこんな本をみつけ、思わず購入。
中学生以上となっているが、小学校高学年の子どもたちにも読んでほしい本だ。
 

さびしさの授業

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


08/05, 2005 | 17:20 | URL | あける #79D/WHSg | [編集]
はい…ドラマにもなるくらいに、今の子供達はイジメにすぐに
走ってしまうようです
親御さんも何も言わないのかなぁって少し疑問なんですが
きっとお友達感覚のお父さん、お母さんが多いので
「うんうん、そうだね」と子供の言う事をすぐに肯定して
しまったりするのでしょうね
我が家の親は、「いや、それは間違っているよ?」と自分の
意見を言ってくれたものですが
生意気な事を言ってすみません!
でも時々そんな事を思ってしまいます
攻撃的だけど、壊れやすくもある今の子供達
こういった本で、少しでも前向きに持っていけたらなぁと
思いますね

08/05, 2005 | 23:59 | URL | ailish #79D/WHSg | [編集]
昨日
「ハッピーバースデー」
という本を読みました。
ハードカバーの260ページ弱ある本ですが、
1時間半で読みきってしまいました。
いじめで悩む人、人間関係で悩む人に
是非一度読んで欲しいと思います。
カンペキな人間なんていないから。
みんな悩みながらいきているってこと、
それは親も同じだってことも含めて
いいことを教えてくれた本でした。
しろくまさんはご存知ですか?

08/06, 2005 | 03:12 | URL | ペコ #79D/WHSg | [編集]
”いじめ”の問題は対処が難しいですね。息子がお世話になっているサッカークラブでも最近2件の”訴え”がありました。どちらも、ソレをいじめと呼ぶのか・・という話から始まるのですが。
いじめる側には’いじめている’という実感が無く、そういう子の親に限って「相手の子が弱すぎる(精神的に)」と平然と言うんですよね。
いじめられる側の親は「うちの子がかわいそう」ばかりで・・・かばうだけでは解決にはならないと思うのですが。
今の時代、「人を思いやる」ということを真剣に教えるべきなのかもしれませんね。

08/08, 2005 | 20:50 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
あけるさん、いらっしゃいませ。
人とつきあうのが苦手な人間が増えているのと同時に、親子関係の築き方がわからない人も増えているようです。過干渉か無関心。両極端の対応しかできない親が多いように思います。いじめても自分で道を切り開くことのできた生徒と話してみると、親もうまく相談にのっているようです。そして、我が子の人間性を信じて見守ってくれているようです。でも、本当に難しい問題ですね。

08/08, 2005 | 20:53 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
ailishさん、こんばんは。
さっそく読んでみました。
次女は、学級文庫で読んでいたらしいのですが、私が買ってきたのでまた読み直していました。
私も一気に読んでしまいました。
親は、生まれたときから親になるのではなく、子を持ってはじめて親になるのですから、子どもと共に、考え、悩み、成長しなければならないのですね。
でも、どうしても親としてこうあるべきだ、こうしなければならないと思ってしまい、その頭の中にある理想像が邪魔になるのでしょう。
いい本を紹介していただきました。ありがとうございます。
ブログでも紹介させていただきます。

08/08, 2005 | 21:14 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
ペコさん、こんにちは。
小学校では、高学年になると、女の子の間がザワザワしてきます。対処を間違えると、とんでもなくおおごとになったりするようです。生徒たちの話を聞いてみると、やはり6年生ぐらいから、いろいろ始まったというパターンが多いようです。女の子の間での話をよく聞くのですが、男の子の場合は、また内容が少しちがうのでしょうか?

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。