< もらしたな | Home  | 桜をバックに(BlogPet) >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しく書こう!

作文講師を母に持つ我が家の娘たち。
その実力のほどはどうかというと……。
 
長女は、小学校低学年の頃から国語がよくできる子だった。
中学受験のときも、国語は漢字を必死に覚えたぐらいで、特に問題集をせっせとやった記憶もない。
文章を書くことも、私はあまり心配していなかった。
中学でレポートを書くときなど、どうしているのかなとたまには思ったこともあるが、あまりチェックしたこともなかった。
高校生になると、学校でも小論文などの演習を受けるようになる。
ここで、彼女の実力が花開いた。
課題の長文があったとしても、実に的確に内容を把握し、しっかりと意見を展開しているのには驚いた。
そして驚くとともに、ちょっとうれしかった。
 
さて、次女の方は……。
私から見ると、とても素直で楽しい文章を書く。
ただし、学校で選ばれるような作文ではない。
文集に載るような作文は、どうしてもよく整ったお行儀のいい作文が多い。
もちろん、そのような作文は確かによくできているとは思う。
しかし、やや未完成でも、書いた子供の顔や表情が見えるような作文が私は好きだ。
次女にもそんな作文を書いてほしいと思ってはいるが、なかなか彼女にまで手がまわらない。
生徒の作品の中で、何か彼女の刺激になるようなものを選んで、たまに読んで聞かせたりすることぐらいしかできなかった。
ところが、三年生になってから、徐々に彼女の書き方に変化が出てきた。
書きたいことが、物語のように頭に浮かんでくることがあるらしい。
最後におちもつけたいらしく、時々わたしのところに聞きにくるようになった。
文章を書く楽しさが、だんだんわかってきたのだろう。
これは、本当にうれしいことだ。
18日の面談では、担任の先生からも
「おもしろい作文を書くようになりましたね。物語のようで、読むのが楽しみです。」
といううれしい評価をいただいた。
 
私は、生徒たちに
「まず文章を楽しく書こう!」
といつも言っている。
学校では楽しくなくて大嫌いだった作文が、本当は楽しいものだということを実感してほしい。
 
顔の見えない指導だけに歯がゆい思いをすることもあるが、生徒たちの心の成長を文章から感じることもできる。
奥の深い仕事だと、最近ますます感じるようになった。
 
 
 
 
 
 

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


04/23, 2005 | 05:55 | URL | メル #79D/WHSg | [編集]
同感です。
講師暦一年足らずで、まだまだ未熟な私ですが、生徒の成長ぶりに驚かされることもしばしばあります。
初めはたった3行しか書けなかった子が、今では多いときは用紙3枚分も書けるようになっていたり、毎回ふざけているとしか思えない作文を書いていた子が、突然別人のように立派に書き上げてきたり…。
とにかく「褒める」「見守る」は、とても難しいけれど、いちばん大切なことなんだと思い知らされました。
それぞれの「原石」が輝きだす瞬間を見るのが楽しみです。

04/26, 2005 | 19:19 | URL | しろくま #79D/WHSg | [編集]
メルさん、コメントありがとう。
この仕事を始めて、三年目に入りました。
最初からずっと担当している生徒が何人かいますが、作文から心の成長を感じて、感激することがこのところ多くなってきました。
小学生から中学生になって、高学年になって、受験を体験して……。
いろいろな体験を通じて、生徒たちはどんどん成長しています。
顔を合わせることはなくても、こんな思いをできるなんて、ほんとうにいい仕事です。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
【学習塾講師のブログ通信 Sachi-net】
05/19, 2005 | 14:43
小学生のための「作文を書く力」
 作文力を高めるための効果的な学習について、今日は書いていきたいと思います。 ものを書くということ、感情や意志を文章で伝えるということは、国語力と言う以上のものがあります。学力を測るものさしはたくさんありますが、本当の学力を養うための一つとして、作文能.メ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。