< 静岡ですか… | Home  | 今夜のスマーフ >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日、金曜日



新しい週が始まって、月曜日が終わろうとしている。

3月になって突然の雪に驚かされたりしながらも、次女の卒業式を一週間後に控え、先週は何となくそわそわしていた。

何かが起きるとき、虫の知らせとか嫌な予感という言葉を使うものだ。

しかし、そのような言葉が入るほんの少しの隙間もなく、大きな揺れに襲われた。

そのとき、ちょうどココスで次女と遅い昼食中だった。

あれ? 揺れてる?

大きい?

終わらない、まだ揺れてる。

変。揺れ方が違う。

おさまりそう?

違う。まだまだ揺れてる。

不気味な音と揺れを感じながら、iPhoneでtweetする。

TLには、地震を知らせるtweetが次々と。

広い範囲で揺れていること、とんでもない地震であることがすぐにわかった。

大地震後、世界が一瞬にして変わってしまったように感じている人が多いだろう。

春の訪れを感じ始めていたことも、桜の開花が近いことも、誰も口にしない。

首都圏でも、交通網も通信網も乱れ、通常の生活が一変した。

計画停電も少しずつ始まっている。

でも、春は確実にやってきているし、今月末には桜も咲き始める。

確かに非常事態だ。

節電はもちろんしなければならない。

電車が不通になる不便も、商業施設の営業時間が短くなることもしかたのないこと。

だが、経済を停滞させないためにも、可能な状況にあるならば、消費したほうがいいのでは。

それが被災地のためにもなるはずだ。

だから、私は買い占めや買いだめではない消費を普通にしていきたい。



被災地はもちろんのこと、今、不安な夜を過ごしている日本中の人たちが少しでも心穏やかになれますように。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


03/15, 2011 | 15:32 | URL | 上から読んでも下から読んでも #- | [編集]
この日、私は妹とともに笠間の実家で父の五十日祭の準備を
しておりました。突然の激しい揺れに耐え切れず外の道路に出ました。終わらない揺れ。激しく落ちる瓦。舞い上がる土煙。震度6強とはこんなにも恐ろしいとは~それからはライフラインが断たれたのは言うまでもありません。トイレの水を川に汲みに行った所で偶然にもTXが動いているのを知り、母とともになんとか帰って来る事ができました。色々な事を考えさせられる日々です。

03/17, 2011 | 17:52 | URL | マスターのしろくま #ax4px7aw | [編集]
上から読んでも下から読んでもさん、こんにちは。
茨城もかなりの被害があったようですね。
怪我などはなかったのでしょうか。
何となく心が落ち着かない毎日を過ごし、体調にもやや響いている感じです。おそらくほとんどの人が何らかの変調をきたしているのではないかと思います。
まだまだ余震が続きます。お互い気をつけましょう。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。