< 使える? | Home  | しろしま >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリーズコーヒースクール

タリーズ1

コーヒー好きになったのは、何歳ぐらいからだろう。

父が好きだったのか、母が好きだったのか、

ネルドリップ、サイフォン、パーコレーター。

コーヒーの香りをかいで育ったような気がする。

ペーパーフィルターの折り方やハンドドリップのやり方も、

母の手元を見て覚えたものだ。

タリーズでコーヒースクールを開いていると知ったのは、3か月ほど前。

行ってみたいと思っていたが、体調許さず、日程調整つかず。

あきらめかけていたが、先週の日曜日コーヒースクールに空きがあることがわかり、即予約。

しっかりお勉強をしてきた。

タリーズの店舗の隅の方で開講。

コーヒーに関するいろいろな知識もおもしろい。

コーヒーの花が白いなんて、知らなかった。

おいしいハンドドリップのしかたは、タリーズのサイトでも、そのほかのところでも見ることはできるが、

実際に自分の目で見て、どうしてそうする必要があるか説明されると理解度も増す。

最初に少し蒸らすとは知っていても、何の意味があるのかわかっていなければ、

面倒なのでその工程はいつの間にか省かれるが、

蒸らすとコーヒーの粉がふくらんで、その後にお湯を注いだときに

コーヒーの粉全体にお湯が行き渡るとわかると、抜いてはいけない大事なことだとよくわかる。

細く長く切らさないように湯を注ぐ。

切らさないようにするのは、

コーヒー粉の表面に出てくるアクを抽出したコーヒーに落とさないようにするためだそうだ。

お湯の温度や、湯の注ぎ方など、ほんの小さなことの積み重ねで驚くほど味が変化することには驚いた。

これは、夜、おうちでおさらいをしてみても、いつものコーヒーとはだいぶ違う味わいだったので確かだな。

受講料は2000円。

ハンドドリップだけではなく、フレンチプレスやフレーバーコーヒーやアフォガートまで

たくさんの試飲と実技指導、さらにお土産付き。

お土産は、ハウスブレンド1袋、コーヒーメジャー、トートバッグ。

これで2000円はかなりお得だと思う。

受講した日は、店内のものは10%オフで買えるのも魅力。

タリーズ2

今回は、コーヒースクールその1。

今度の日曜日には、その2を受講する予定。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


Comments


06/18, 2010 | 21:25 | URL | 上から読んでも下から読んでも #- | [編集]
私も参加してみたいです!
コーヒーは奥が深いですよね~
ところで娘が「しろくまさん」の正体を知りたがって困っています。
憧れの母像なんだとか~

06/19, 2010 | 06:49 | URL | マスターのしろくま #ax4px7aw | [編集]
上から読んでも下から読んでもさん、コーヒースクールおすすめです。けっこうあちこちの店舗で実施していますよ。コーヒー腹になりますが…。
お嬢さんによろしくお伝えください。ただの変なおばさんです。

Leave comment














Trackbacks

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。