Home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タリーズコーヒースクール

タリーズ1

コーヒー好きになったのは、何歳ぐらいからだろう。

父が好きだったのか、母が好きだったのか、

ネルドリップ、サイフォン、パーコレーター。

コーヒーの香りをかいで育ったような気がする。

ペーパーフィルターの折り方やハンドドリップのやり方も、

母の手元を見て覚えたものだ。

タリーズでコーヒースクールを開いていると知ったのは、3か月ほど前。

行ってみたいと思っていたが、体調許さず、日程調整つかず。

あきらめかけていたが、先週の日曜日コーヒースクールに空きがあることがわかり、即予約。

しっかりお勉強をしてきた。

タリーズの店舗の隅の方で開講。

コーヒーに関するいろいろな知識もおもしろい。

コーヒーの花が白いなんて、知らなかった。

おいしいハンドドリップのしかたは、タリーズのサイトでも、そのほかのところでも見ることはできるが、

実際に自分の目で見て、どうしてそうする必要があるか説明されると理解度も増す。

最初に少し蒸らすとは知っていても、何の意味があるのかわかっていなければ、

面倒なのでその工程はいつの間にか省かれるが、

蒸らすとコーヒーの粉がふくらんで、その後にお湯を注いだときに

コーヒーの粉全体にお湯が行き渡るとわかると、抜いてはいけない大事なことだとよくわかる。

細く長く切らさないように湯を注ぐ。

切らさないようにするのは、

コーヒー粉の表面に出てくるアクを抽出したコーヒーに落とさないようにするためだそうだ。

お湯の温度や、湯の注ぎ方など、ほんの小さなことの積み重ねで驚くほど味が変化することには驚いた。

これは、夜、おうちでおさらいをしてみても、いつものコーヒーとはだいぶ違う味わいだったので確かだな。

受講料は2000円。

ハンドドリップだけではなく、フレンチプレスやフレーバーコーヒーやアフォガートまで

たくさんの試飲と実技指導、さらにお土産付き。

お土産は、ハウスブレンド1袋、コーヒーメジャー、トートバッグ。

これで2000円はかなりお得だと思う。

受講した日は、店内のものは10%オフで買えるのも魅力。

タリーズ2

今回は、コーヒースクールその1。

今度の日曜日には、その2を受講する予定。

スポンサーサイト

しろしま

ヨークマートをうろうろしていて偶然見つけたチロルチョコ。

しろしま1

私のためにあるようなチロルチョコ。

当然買わないわけにはいかない。

アイスクリームのしろくまのようにできていて、ちょっとオレンジっぽい味がしたりする。

包み紙には文字が入っているのだが……。

しろしま2

並べてみたら、あれあれ

しろくまではなく「しろしま」

惜しい!

セットミスなんだろうか。

履きやすい靴その2

履きやすい靴を求める旅はまだまだ続いているのだが、

先日のナチュラライザーの2足目は↓

靴2

1足目よりもややヒールが高め。

でも、足裏にも足首にもあまり疲れが出ない。

色もきれいでなかなか。

足が冷えると痛むので、今年はサンダルはいらないかなとも思うけれど、

足裏が痛くならない履きやすいサンダルがあったらほしいなあ。


体力のなさに泣く

昨日の日暮里ツアー。

途中で雨に降られることもなく、予定していた布等の買い出し終了。

2時少し前にはすべての買い物を終え、その後ゆっくり昼食をとることができた。

手首が痛むことを知っているメンバー。

私には絶対に荷物を持たせないと決めているらしく、うれしいやら情けないやら。


昨日は、私を含め7人でのツアー。

いつもよりお客さんが少なめの日暮里繊維街だったが、7人でぞろぞろ買い出しはやはり疲れる。

作るものは決まっていても、センスと好みはまちまちだから、なかなか意見がまとまらない。

でもどこかで妥協点を見出さなければならないので、スパスパ決めていくことになる。

でも、本当は少し心が痛んだり、怒っちゃってない?などど表情をうかがったりしている。

双方に気をつかうのも、今年はちょっと疲れを感じたなあ。

昨年に比べたら時間もかかっていないし、比較的問題もなくお買い物ができたのに、

昨晩の疲れようはどうだろう。

何だかね。

やっぱり体力が落ちている。

11月まで忙しい日が続くけれど、仕事をしながらこなしていくのは、けっこう大変かもしれない。

早起きして仕事して、その後学校。

夕方帰ってきてからご飯のしたくをして、仕事して。

以前は普通にできていたことなのに、あんまり自信がないなあ。

時間の使い方を考えなければ。

ま、できないことはないと思うけれど。

要は、体を休める時間を作ればいいということなんだな。

今年は何を作る?

何を作ればいいんじゃ~!

本屋さんで軽いめまい。

今年も秋の文化祭のバザーに向けて、手作り品を作らなければならない。

みんなで何を作ろうかと考え中。

得手不得手いろいろなので、それぞれ無理のないように作品を決めたいのだけれど、

アイディアがなかなか浮かんでこない。

手芸用品店、本屋さん、ネット検索、手持ちの本などあれこれ調べ、

土曜日にもメンバーの一人と相談したのだが……。

私自身は、またかご職人になればいいのでどうにでもなるが、

あと一人というところで滞っている。

かご職人と言えば、弟子入りを希望しているメンバーがいらっしゃる。

弟子をとるほどの技もないのに。

なんたって独学ですから。

まずは小さめのかごからスタートかな。

とはいうものの、手の調子がずっと悪かったので、今年に入ってから一つも作っていない。

お弟子さんに教える前に、久しぶりに作ってみないと。

まだ決まっていない一人、クイリングでクリスマスものでもいいかな。

ちょっと試作してみよう。

さてさて、明日は布の買い出しのため日暮里ツアー。

お天気はどうなんでしょう?

最強じんましん

一昨日の昼ごろから始まった次女のじんましん。

軽いじんましんは何度か経験済みだったので、今回もおそらく大丈夫かなと思っていたら……。

私も長女もじんましんがよく出るので常備しているレスタミンコーワ。

今回の次女のじんましんは、このレスタミンコーワもほとんど効き目がない。

昨日は中間試験最終日だったので、効いてくれよという思いをこめてレスタミンを飲ませ、車で学校まで。

試験最終日のため、午後は部活があるらしい。

かゆかゆがひどくなったら帰ってくること。

部活に出る出ないにかかわらず、病院に行こうと約束をし、私は自宅待機。

のはずが、学校から戻って朝食後、私は気絶したように爆睡。

気づいたらお昼をまわっているではないか。

いかんいかん。

ばたばたとかたづけているうちに、次女からメール。

部活、抜けてきた。

かゆかゆがひどくなったらしい。

帰ってきた次女を見ると、じんましんの範囲が全身に広がっていて、首から顔も赤くなり始めている。

着替えてすぐに私がかかっているクリニックへ。

クールな美人女医にアレロックを処方され、帰宅後服用。

その後3時間ほど爆睡した次女。

起きてきたときには、腿の一部を除いてじんましんは消えていた。

アレロック効いたのね。

だが、手足のむくみがひどいようで、それがちょっと気になる。

次女にも膠原病体質があるかもしれないので、そろそろ気をつけて見ていかなければと思っていたところなのでよけいだ。

今日は、大事をとって欠席。

まだ起きてこないんだな~。

うめこちゃんがベッドの上で、ずっと見守っている様子。

うめこちゃんも心配しているのね。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。