Home  | Next >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごはんは元気。

6daad443.jpg

散歩にも行かれない私だが、ごはんの方は元気になってきた。

幸いなことに、腫瘍の疑いもなくなり、もうちょっとで完治というところだ。

日曜日に獣医さんに行ったのだが、(あまり歩けなくて役立たずの私だが、車に乗って一緒に行ってしまった。)ごはんが大好きな院長先生だったので、ごはんもうれしそうだった。

前回診察してくれた副院長は、診察中もあまり犬をなでたりしない。

優しい言葉もかけることはない。

でも、院長先生は、頭をなでてくれる。

ごはんがカルテを書くたびに動くボールペンに興味を示すと、「気になるの?」と声をかけてくれる。

「院長先生、フレンドリー!」

ごはんは、きっとそう思っているのだろう。

受付のお姉さんの話だと、院長先生は動物には人気があるそうだ。

(動物にはって、あなた。)

ほんと、いい先生だ。

スポンサーサイト

ヒビその後

3e33a0d1.jpg

ヒビの入っている甲。

少し痛みは和らいでいる。

だが、よく動かす場所なので、しっかり固定されているため、とにかく不自由だ。

ま、動かなければ、治りも早いということだろう。

ごはんは、私がずっと家にいるので、穏やかな顔をして寝ている。

ごはんの散歩もしばらくは、代わってもらわなければならない。

昨晩は、長女が予備校から帰ってから行ってくれた。

 

毎日の通院は、ちょっと面倒。

今日は雨まじりなのでぐずぐずしていたら、遅くなってしまった。

明日は病院がお休みなので、今日は行っておかないと。

電気をかけて、マッサージをして、そしてまた固定だ。

あー、ほんとに早く行かないと。

骨にヒビが…。

あんまり足が痛むので、土曜日に整形外科へ。

風邪気味の次女をまず耳鼻科へ連れて行き、その後に整形外科にまわることにする。

耳鼻科へは、我が家から5分ほどの道のり。

次女と家を出たはいいが、何しろ足が異常に痛い。

痛む足を引きずり、次女につかまりながら歩く。

いつもの倍ぐらい時間がかかってしまった。

こんなに痛いなんて…。

次女の診察も終わり、とりあえず次女はひとりで家路につくことに。

薬局に次女の処方箋を置いて、その足で整形外科へ。

あー、いつも通り混んでいる。

いつもおじいちゃんおばあちゃんで大盛況だ。

この整形外科はとてもユニークだ。

各種メニューを取りそろえた喫茶コーナーあり、生ピアノの演奏あり…。

でも、痛くてコーヒーもピアノもどうでもいい気分だ。

まず、レントゲン。

そして、その後院長の診察だ。

レントゲンを見て院長の一言。

「大丈夫ですか?」

「かなり痛いです。」

「そうでしょうね。ここにヒビが入ってますね。」

ゲッ!

「変にずれたりしていないので、2、3日静かにしていればくっつくと思いますが、よく動かす場所なので、大事にしないと足首を痛めたり、捻挫をしやすくなったりしますよ全治3週間ぐらいでしょう。」

ガーン。

今日は、PTAの実行委員会の新年会なのに…。

明日も出かける予定があったのに…。

何てこった!

患部に湿布をして、プラスチックのカバーで保護をして、包帯をぐるぐると巻かれ、あっという間に大きな足になってしまった。

これでは靴も履けないから、当分通院以外はできない。

おまけにあたためてはいけないので、しばらく入浴もできない。

あれー! 汚いおばさんになってしまうよー。

土曜日の晩は、かなりの痛み。

うとうとしても、すぐに目が覚めてしまう。

となりの部屋にいた長女の話によると、「いたい、いたい。」と言っていたそうだ。

汚い話だが、日曜日の朝、目やにがいっぱいついていた。

まるで、目を病んだ子猫のようだった。

私、痛くて泣いてた?

そう言えば、ちょっとうとうとすると、変な夢ばかり見ていたような気がする。

あー、バカみたい。

食べにくい

エリザベスカラーをつけていると、食べにくいなあ。

やっぱり痛いなあ。

足が痛むが、夕べはがんばってごはんの散歩に行った。

よけい痛くなった。

だから、今日はお医者さんに行こう。

困ったな。

あいたっ!

a7d5c6bd.jpg

立ち上がろうとしたとき、足をひねった。

うっ。変なふうにひねった感じ。

鈍い痛みが走る。

それから4時間。

足の甲が痛む。

そして、少し腫れてきた。

とりあえず湿布をして様子を見よう。

ほんと、年はとりたくないものだ。

動きがだんだん鈍くなっている。

ごはんくん。今夜、お散歩行けるかな。

 

遠近法

今日は、次女の授業参観だった。

高学年は、3、4時間目だ。

3時間目は算数。

道が混んでいて、あー最後の10分かなと思っていたら、駐車場がなかなか空いていなくてぐるぐるまわっていたら、3時間目は終わってしまった。

でも、4時間目は図工。

次女の学校の図工は、とても楽しい。

子どもたちがみんな大好きな図工の先生。

お人柄も授業も、最高の先生だ。

1時間だけの図工なので、どんな授業内容なのかと思っていたら、遠近法を学ぶ授業だった。

まず、いろいろな絵を使って、目の錯覚を体験させる。

子どもたちは、大喜び。そして、びっくり。

最後の20分で、いよいよ遠近法だ。

画用紙にまず一本の線を描く。

その上に、大きな木と一台の車を描く。

でも、このままでは、車が走り始めたら木にぶつかってしまう。

そうならないように見せるには、さてどうすればいいのだろう。

いろいろな意見が出て、そして正解は…。

絵の世界には、実は奥行きがあるということが、だんだんにわかってきた子どもたち。

これまでは、平面的な絵を描いていた子どもたちにとっては、正に目から鱗の瞬間だ。

最初に引いた一本の線を消し、さらに、遠くの方にある木や、手前の方に池や花や動物なども描いてみる。

なるほど。こうやって、遠近法を学ぶのだな。

私は、図工でも美術でも、このように遠近法を学んだことはなかった。

何となく知っていたに過ぎない。

すごいなあ。私もこの先生に図工をもっともっと教わりたくなった。

おかえりなさーい。

8f56140e.jpg

このところ、長女の帰宅時間に合わせて、散歩に出るようにしている。

暗い夜道でも、彼女の姿を見つけると、ごはんはダーッシュ!

これこれ、肛門周りが痛いのだから、ゆっくり歩きなさい。

幸せな匂い

毎朝5時過ぎからお弁当を作る。

精米器を購入したので、前の晩に精米してタイマー炊飯をするようになった。

5時頃になると、プーンといい匂いがして目が覚める。

そろそろ、ご飯が炊けそうだ。

あたたかいお布団の中、私の鼻をくすぐるいい香り。

何とも、幸せな気分だ。

スピッツのごはんくんも大好きだけれど、食べるご飯も大好きな私。

ああ、日本人に生まれて良かった。

エリザベスカラー 

昨日の昼間は、結局ずっと寝ていたごはん。

声も出さず、ぐったりと眠っていた。

皮膚炎のときもそうなのだが、患部をどうしてもなめてしまうごはん。

動物は傷口をなめて治すのだから仕方のないことだが、やはりばい菌が入りやすくなる。

そこで、今回はエリザベスカラーを使ってみることにした。

ごはんがよく寝ているすきに、ササッとペットのコジマへ。

サイズが合いそうなエリザベスカラーを購入した。

夜になり、長女と一緒にはめようとするが、昼間はあんなにぐったりとしていたごはんが、すごい勢いで抵抗する。

エリザベスカラー2

そして、やっとこさ装着完了。

「何だこれは?」

と、ごはんはご立腹の様子。

でも、よくよく見てみると、ごはんは鼻面が長いので、ぐっと体を曲げれば患部に届くではないか。

あれれ。これ、ダメ?

 

エリザベスカラー1

しばらくの間、はずそうとしてもがいていたごはんだが、みんなで「かわいーい。」を連発していたら、機嫌が直ってきた。

テレビでは、堀江社長逮捕のニュースで大騒ぎだというのに、ごはんは、へらへらしている。まったく、変なヤツだ。

かわいいという言葉は、たまらなく素敵な響きなのだろう。

ちょっと得意顔になっているところがお馬鹿だ。

 

 

エリザベスカラー3

そうこうするうちに眠くなってきたごはん。

それでも、心なしかポーズを取っているから呆れる。

この姿勢だと、ごはん茶碗に顔が入っているように見えて変だ。

ごはん茶碗にごはんくん。

結局、すてきなエリザベスカラーをつけて、ぐっすり眠ったのだった。

 

 

人間用のエリザベスカラーはあるのかなと長女が言うので、エリザベスカラーでネット検索をしていたら、動物の心を知るためにエリザベスカラーを装着して過ごした男性のサイトにたどり着いた。

洗濯物を干したり、ビールを飲んだり、食事をしたり…。

かなり笑える。

これが噂のICプレーヤー (センター試験)

26ec28c8.jpg

今年のセンター試験から実施された英語のヒアリングテスト。

各自にICプレーヤーが渡されて、イヤホンで音声を聴きながら答えを出すというものだ。

機械の調子が悪い人がいたらどうするのだろう?

絶対、そういう不運な人がいるはずだ。

我が家でも、話題になっていた。

さて、どうなったか。

ニュースでも報じられているとおり、再試験となった受験生がいるとのこと。

会場によっても対応がバラバラだという話も聞く。

また、テストの時間、たまたま選挙活動中の車がアナウンスしながら会場前を通ったため、聴き取りにくかったという地方もあったらしい。

そもそも、このヒアリングテスト。

センター試験の段階で、果たして必要なのだろうか。

新学習指導要領で「聞くこと」「話すこと」を含めた実践的なコミュニケーション能力の育成を重視していることから、今回実施となったらしいが、このような事態になることは誰でも容易に想像できるはずだ。

現に、東大を始め、今回はヒアリングテストの点は加算しない大学もある。

来年はどうなるのだろう。

 

ICプレーヤーは各自持ち帰るということで、我が家にも一台やってきた。

とてもちゃちな作り。

一回きりの使用でおしまいというのも、どんなものなのだろう。

機械代が含まれているのか、昨年よりも値上がりしていた受験料。

何だか、釈然としないなあ。

ちなみに、このICプレイヤー。ネットオークションに多数出品されている。

つらら?

2ce368bc.jpg玄関のところで発見。
これって、つらら?


なかなか起きません

起きない1 

やはり具合が悪いのだろうか。

私がお弁当を作り始めても、なかなか出てこない今朝のごはん。

ときどきこのポーズで、ボーっとしていた。

 

起きない2

 

次女が着替えを始めても、そのまんま。

そして、大あくび。

今日は、のんびり寝て治そうと思っているのだろうか。

 

 

起きない3

 

 

やっぱり、だるいのね。

かわいそうなごはんくん。

今日は、ずっとおうちにいてあげようね。

具合が悪いごはん

昨晩からおなかの調子が悪いごはん。

雪で少しおなかが冷えたのだろうか。

そして、お尻の方を気にしている。

また、皮膚炎?

不安な思いで眠りにつき、そして目覚めてみたら肛門のそばの毛をまた自分で引っ張ってしまったようで、出血している。

やっぱり皮膚炎?

そして、あいかわらずおなかの調子が悪い。

ひどくなる前に、とりあえず獣医さんに行こう。

予約の電話を入れたのだが、今日はあいにくニャンニャンデー。

夕方まで、猫さんの予約がいっぱいとのこと。

4:30に予約して待機。

病院へ1

 

「車に乗るときは、まず獣医さん」とインプットされているらしく、ごはんは、キョロキョロ、おどおど。

 

病院へ2

 

 

異常な興奮状態のごはん。

皮膚炎でつらい採血をしたりしているので、獣医さんはやはり苦手のごはん。

 

 

さてさて、診察の結果。

肛門の周辺が異様にかたくなっているらしい。

確かにさわってみると、かなりのかたさだ。

これでは、とてもつらそう。

そして、外側が炎症を起こしている部分もある。出血はここからだ。

かたくなっているところは、抗生剤で治まればいいけれど、ダメなようなら腫瘍の疑いがあるので、組織検査をするということだ。

腫瘍?

何だかわけがわからない。

肛門クリーニングをしてもらい、抗生剤と下痢止めを処方してもらった。

一週間薬の効き目を見てからということになった。

皮膚炎はすっかり良くなっているのに、何ということだろう。

また、心配な日が続きそうだ。

 

 

 

センター試験

雪の中、今日はセンター試験。

長女は二科目受験のため、今日は午後からだ。

雪があんまりひどいので、昼食をとりがてら、会場までついて行くことにした。

会場は、何と東大。東京大学だ。

根津の駅で降りて、雪道をガシガシと歩く。

ついていったはいいが、何だか足手まといのような私。

凍りかかっている坂道を何とか登り、東大へと向かう。

キットカット

門の手前で、試験会場でよく見かける光景が。

いろいろな配りものをしている一団がいる。

雪の中、ご苦労様なことだ。

朝日新聞のはっぴを着たおにいさんは、キットカットを配っていた。

私にもなぜか渡してくれた。

ジャンジャン降る雪と傘のせいで、受験生に見えたのだろうか。

まさかね。

東大1

ようやく、会場に到着。

受験生の姿もちらほら。

テレビクルーも出ている。

それにしても、門がでかい!

東大2

塀の隙間から、中を見てみると、雪景色がとてもきれいだった。

すれちがったホストっぽい風貌の受験生。うっかり携帯電話を落とし、「落ちちゃったよ、どうしよう。」と大慌てしている。

見かけによらず古くさい反応なので、ちょっとおもしろかった。

私は、一人先に帰宅。それにしてもよく降るなあ。

 

 

雪だ!

337fb60f.jpgお外が白い!

びっくりしたごはんは、さっきからずっとこの姿勢で窓の外を見ている。

積もってる…

ad6feb3e.jpgまだそれほど時間がたっていないのに…。

おー、積もってる!

外は雪

d2b73858.jpgそっとカーテンを開けてみたら、雪が降っている。

 天気予報どおりだ。

ごはんは、あたたかいおふとんの上。

夢のお国をさまよっている。

今日の雪は積もるのだろうか。

 雪が降るのはうれしいけれど、今日はセンター試験。 やれやれ…。

あやしい巻き毛

908a5f6f.jpg

しっぽの付け根の皮膚炎。

魔法の水と石鹸成分なしシャンプーのおかげで、このところ快調。

はげはげだったしっぽの付け根も、だいぶふさふさになってきた。

しかし、おかしい。

新しく生えてきた毛が、なせかカールしているのだ。

その部分だけあやしい巻き毛状態になっている。

????

ずっとこのままなのかな?

くるんとしっぽがはねているので、しっぽをどけなければ目立たないけれど、かなりあやしい。

そして、かなりおもしろい。

すてきな巻き毛をお持ちのごはんくんだ。

 

二度寝

41cb3721.jpgおねえちゃんと二度寝。 やっぱり、おふとんは気持ちがいいな。

いいな。

お昼1

 

昨日のお昼ごはんは、天丼。

ふたを開けると、大きなえびが登場!

しっかり完食。 ごちそうさま。

いいな

 

ぼくにおるすばんさせて、

そんないいものを食べていたんだね。

なんてことだ!

いびき

f224edf8.jpg

静かに仕事をしていたら、かすかに聞こえるごはんのいびき。

クレートの中で、熟睡しているようだ。

 

行かないで光線

5c1c244c.jpg

今日は、朝から次女の学校へ。

ということは、ごはんはお留守番だ。

私が出かける支度を始めると、ごはんは横目でちらちらと見ている。

いよいよ出かけそうな気配を感じると、まず右へ左へ行ったり来たり。

さらに、ケージの中で立ち上がって、ピョンピョンと跳ね出す。

バタバタとした足音は、まるで「どこ行くの、どこ行くの、どこ行くのー!」と言っているかのようだ。

目からは、行かないで光線が矢のように発せられている。

そして、ついに私がバッグを持つと、写真のような「行ってらっしゃいませ座り」をして、観念しましたとあきらめるのだ。

あわれなごはんくん。

いつも、ごめんね。

 

たまには…

51efa554.jpg

いつもお布団の上にのって、私に寄りかかって眠るごはん。

今日は、ちょっとお布団の中に入れてみた。

 

富士山

f6c46f2a.jpg夕べの大雨がうそのように、今日は快晴!

ショッピングセンターの屋上駐車場からは、白く雪化粧をした富士山がきれいに見える。

富士山がよく見える位置に車を停めた。

ここは、このあたりではいちばんの富士山スポットだと、私は秘かに思っている。

携帯のカメラだから、たぶんきれいに写ってないだろうな。



見て見てー!

9e81a41d.jpg

見て見てー!

おねえちゃんったら、こんなひどいことをするんだよ。

変な顔になっちゃうじゃないか!

ゲルマニウム温浴

PTAの役員仲間の間でも、近頃話題のゲルマニウム温浴。

年が明けたら体験してみようと、ネットであちこち探していた。

エステを始め、整骨院でもできるところがあるらしい。

料金も1200円ぐらいからと、比較的お手頃だ。

車で15分ほどのところに、良さそうなサロンを発見。

予約して、さっそく昨日行ってみた。

ゲルマニウム2

 

ネットで見た写真の通り、とても居心地のいいサロン。

エステではないので、ほかにいろいろと勧められる心配もなさそうだ。

女性専用なので、整骨院のようにどこかのおじさんと並んでゲルマニウムということもない。

アロマの素敵な香りが漂い、クラシック音楽が静かに流れている。

 

いろいろな説明を受けてから、いよいよゲルマニウム温浴初体験。

勧めてくれた友だちは代謝があまりよくないらしく、3回ぐらい試しても、なかなか汗が出にくかったと言う。

若い人の方が、どうも汗ダラダラになるらしい。

果たして、私はどうだろう。

ゲルマニウム1

まず、足からつけてみる。次に、肘まで。

普通のお風呂の温度より少し高めだろうか。

温度設定を見てみると、44℃ぐらいだ。

お湯は少しぬるっとした感じで、肌に優しい感覚だ。

このまま20分。氷のたっぷり入ったお水を飲みながら、のんびりとする。

完全個室なので、ボーっとおばかな顔をしていても大丈夫だ。

 

5分ぐらいしてから、鼻の下あたりが汗ばんできた。

それから、だんだんと背中のあたりにじわーっと汗が出てくる。

15分ぐらいたつと、顔はかなりポッポしてきた感じだ。

しかし、汗がダラダラというわけではない。

20分たって、「どうでしょう?」と様子を見に来てくれた。

「あと10分ぐらい延長してみましょう。」と言われ、そのまままた10分。

この10分で、けっこう汗が出てきたが、やはりダラダラというわけではなかった。

手と足を出してみると、つけていた部分はかなり赤くなっている。

そして、全身があたたかい。

冷たいタオルで汗をふき、着替えを済ます。

その後、部屋を出て、ローズヒップティーをいただく。

このサロンでは、岩盤浴も楽しめるそうだ。

普通の岩のようなものに横になるタイプではなく、座った状態でブラックシリカのスチームを浴びるというものだとか。

岩に横になる岩盤浴を体験した人の話では、石焼きステーキになった気分だということだったが…。

さてさて、初めてのゲルマニウム温浴の感想は、GREAT!

更年期であちこち痛かったりしている体には、とても良さそうだ。

20分のところ10分延長したが、延長料金はなし。(普通は延長料金があるらしい。)

新年のキャンペーン中ということで、1200円で少し体がすっきりした。

しばらく続けてみようかな? 

 

 

 

 

 

バックシャン

782cd03c.jpg

正座しているごはんの後ろ姿。

正しい後ろ姿という感じ。

疲れたときはカフェティラミス

7016778a.jpg

今日は、何だかとても疲れる一日だった。

長女の大学の受験料を振り込み、願書を郵送し、その後は、次女のピアノのお稽古。

車であちこち走り回っていたら、背中がこってしまった。

受験料の振り込みは、郵便局と銀行。

まず最初に、三菱東京UFJ銀行の窓口へ。

これがいけなかった。

とにかく時間がかかった。

いまどき、すべてが電算化しているというのに、何に時間がかかっていたのだろう。

受験料の振り込み用に一つ窓口を設けているというのに、いったいどういうことなのだろう。

その後、郵便局で二大学あての振り込みをしたが、こちらはものの5分とかからなかった。

あれ?

さっきの時間を返せ! とは言わないが、これが疲れのおおもとであったことは間違いない。

さて、こんな疲れを感じたときは、ドトールのカフェティラミス。

普段は、コーヒーにも紅茶にも甘味はつけないのだが、このカフェティラミスだけは別だ。

疲れた神経に染み渡る甘さ。

普通のときなら、きっと甘くて飲めないかもしれないが、疲れているときはこれに限る。

この冬のお気に入りだ。

今日は、次女のピアノのお稽古が終わるまで、車の中でゆっくり楽しんだ。

ホットはもちろんだけど、アイスもなかなか。

これって、期間限定なのかな…。

冬休みも終わり

冬休みも終わり、次女の学校が始まった。

お休み明けで学校が始まる前の晩は、なかなか寝つけない次女。

昨日も、遅くまでゴソゴソしていた。

六時には起きなければならないのだから、今朝はかなり眠かったに違いない。

でも、出かけるころには、いつものようにしっかりと目覚めていた。

ようやく明るくなった外の様子を見てみると、うっすらと雪化粧。

これで、さらにお目目はぱっちりとしたようだ。

明日は、二日目だというのに、もう月例のテストがある。

長女のセンター試験も来週だ。

 

というわけで、忙しい日々がまたやって来た。

ごはんくんは、またお留守番の日々だね。

814afe38.jpg

 

 立ち上がって、次女をお見送りするごはん。

 何となく、さびしそうだね。

 

 

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。