Home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手打ちパスタ その3

a339dcbf.jpg
今回も、いい生地ができた。
しばらく寝かせてから、いよいよのしていくわけだが、デュラムセモリナ粉がとても弾力があるので、自分の力で薄くのしていくのがとても難しい。
前、挑戦したときは、とても迫力のある太いパスタになってしまった。
味はとてもいいのだが、茹でるのに時間がかかる。
そこで、パスタマシンを購入した。
好みの薄さにのし、好みの太さに切っていく。
この作業がとにかくおもしろい。
次女は、にゅるにゅると出てくるパスタに釘付けだ。
今回は、細めのものを作ったので、次回は、フェトチーネに挑戦しよう。
 
パスタマシンは、TAKEYA ONLINE SHOPで購入。
             ↓
 
お値段のわりに、なかなかの使い心地。

スポンサーサイト

手打ちパスタ その2

050227_1213~01.jpgそれにしても、ホームベーカリーというのは健気に頑張る。パン作りによく使っていたころから思っていたことだが、「ウィーンウィーン」と泣き声をあげながら、最後まで根性で頑張っている。生地が重たいと、それはそれは辛そうだ。思わず、「がんばれよ!」と、声をかけたくなるほどだ。

残念ですが…

050219_1804~01_002.jpg長女の合格発表があった。残念ながら不合格に終わったが、来年度に向けて、新たにスタートをしよう。よく頑張ったね。今日の一枚は、これからもお姉ちゃんを応援するごはん。

手打ちパスタ その1

050227_1213~02.jpgちょっと古いタイプのホームベーカリー。我が家では、パンを作るより、手打ちうどんや手打ちパスタの生地作りで大活躍している。今日の昼食は、手打ちパスタ。輸入食料品を扱っているお店で買ってきたデュラムセモリナ粉と卵、それにお塩とオリーブオイル。これをセットするだけだ。パスタ好きの娘たちには、結構好評だ。

子スピッツ

040210_1320~02_003.JPGペットのコジマに、スピッツの子犬がいた。ペットショップでも、なかなかスピッツにはお目にかかれないので、吸い寄せられるように子スピッツの前へ。他の子犬の前は、いつもたくさんの人が足を止めるが、どうもスピッツは人気がないらしい。いつも誰もいないのだ。そのせいか、近づいて来る私の姿を見て、狭いケースの中でピョンピョン跳ねている。「遊んで、遊んで。」とでも言うように、すごいハッスルぶりだ。こんなにアピールしているのに、誰も見てくれないなんて……。誰かやさしい人の目に留まり、幸せなスピッツになってほしいと思った。ごはん、うちに来て幸せ? 今日の一枚は、うちに来た頃のごはん。

きのこ柄

050225_2001~01.jpgうめこの首輪を新調した。毎日あちこちを駆け回っている彼女の首輪は、一年でボロボロになった。美術予備校がお休みだった長女と一緒に、昨日ペットのコジマへ。長女がどうしてもと選んだのは、ちょっと怪しいきのこ柄。妙に似合っているぞ、うめこ!

チアガール

050225_0612~01.jpgスピッツのしっぽは豪華だ。ふさふさとした白い毛が、ぼわっと広がっている。そのフサフサは、まるでチアガールのポンポンのよう。毎晩、ごはんは私のベッドで寝ている。朝、目覚めたごはんは、私の顔を見ると、まずふさふさしっぽで挨拶をしてくれる。そして私はひとこと、「チアガールさん、おはよう!」 というわけで、今日の一枚は、チアガールくんのフサフサ。

動きますか?

6b1ae897.gif
娘が、こんなものを作ってきた。
きちんと動くのかな?

駅の掲示板

9fbc14eb.jpg
火曜日に次女の小学校に出かける途中、駅の掲示板を見て、ふと立ち止まってしまった。
「書き込みが少ない。」
今の人は、掲示板なんて使わないのだろうか。
掲示板と言えば、ネット上の掲示板のことだと思うのだろうか。
私が学生のころは、掲示板がなければ学生生活は成り立たなかった。
当時は、もちろん携帯電話などない。
もっぱら連絡の手段といえば、この掲示板だったのだ。
「雀荘で待つ。」「○○で食事中。」「今日の活動中止。」などなど、駅の掲示板は、各サークルの名前と伝言であふれていた。
連絡を見て、大学に向かっていた足がそのまま逆方向へ向かうことも常だった。
こんな話を聞いたら、今の学生は目を丸くするだろう。
確かに、今は携帯電話のおかげで待ちぼうけをくったり、連絡がうまくいかないこともなくなっただろう。
待ち合わせの場所をまちがえていたとしても、すぐに何とかなるだろう。
でも、連絡が困難だったころは、掲示板を最大限に活用したり、人の話にしっかり耳を傾けていたような気がする。
便利になることはいいことだし、私自身も携帯電話をフルに活用しているが、掲示板を久しぶりに見て、いい学生時代だったんだなとあらためて感じた。
 
今日の一枚は、にんまりごはん。
 
 
 

詐欺

5371a960.jpg
今では、ふりこめ詐欺と言うようだが、おれおれ詐欺が世間で騒がれるようになったころ、我が家にも電話があった。
当時は、お年寄り相手にかかってくる電話が多いころで、うちにかかってきた電話でも、第一声が、「おばあちゃん、おばあちゃん。」という若い男の声だった。
すぐにこれは例の電話だとわかり、「うちには、おばあちゃんはいませんよ。」と言って、電話を切った。
最近では、次女のお友だちの家に、交通事故を起こしたと泣いている女性から電話があったそうだ。
これは、今テレビでよくやっている芝居仕立ての電話だったらしい。
お母さんは、すっかり気が動転してしまい、危うく信じかけたところ、機転をきかせた息子さんの対応で事なきを得たという。
若い人も、このような詐欺事件に多く関わっていると聞くが、そんなことに手を染めている暇があったら、もっとほかの事に精を出せと言いたい。
また、そんな悪事に若者を引っ張り込む大人も、まったくどうなっているのかと言いたい。
恐ろしい事件というのは、以前はとおい世界での出来事、対岸の火事というのが庶民の感覚だった。しかし、今では恐ろしいことが、ごくごく身近に起こってしまうのだ。
 
写真は、もう一人の家族、猫のうめこ。

どうだ!

050219_1446~04.jpgごはんは、靴下を食べるのが好きである。洗濯物の中から、ひとつずつ持ってきては、楽しそうにかじっている。気が付けば、つれあいをなくした未亡人の靴下ばかりになってしまった。買っても買っても、ごはんの餌食になるだけだ。 そこで、昨日大きめのランドリーボックスを二つ買ってきた。ふたもついているし、何より深くできている。いくらごはんが二本足で立つのが好きとはいえ、とどくわけがない。 さて、夜になり、いつものように洗濯物をあさりに行ったごはんは……。見慣れない、いやかぎなれないランドリーボックスをクンクンし、とぼとぼと戻ってきたのだった。 今日の一枚は、がっくりごはん。

お疲れさま!

e6340f34.jpg
今日で、長女の受験が終わる。
1月のセンター試験から始まって、はや一ヶ月。
長丁場で、大変だったねえ。
淡々とがんばっていた、我が娘。
ずいぶん、大人になったものだと感心する。
受験というと、中学受験をしたときのことを思い出す。
合格発表の結果を電話で知らせるとき、どんな気持ちで待っているのだろうとそれがとても気にかかった。
そして、悲しい結果を聞かされて、電話を切った後、どうしているのかとそればかり気にしながら、帰りの電車の中でいてもたってもいられなかったことを思い出す。
 
私に似たのか、あまり物事に動じない頼もしい娘だけれど、この一ヶ月は不安な気持ちもあっただろう。
何にも協力できなかった、無力な母を許せ!
干渉せずにいることしか、私にはできなかった。
「芸術」という難しい世界に飛び込むことを決心したあなたを、私は誇らしく思う。
 
落ち着いたら、受験した大学を見学に行こう!
 
今日の一枚は、「ぼくも応援していたよ」のごはん。
 
 
 

沢村貞子さん

64f2899b.jpg
沢村貞子さん。私の尊敬する女性の一人である。
粋で、しゃきっとしていて、彼女が映画やドラマに出ていると、画面がピリッとするような、そんな女優さんだった。
彼女は、また優れた文章を書く人でもあった。
「わたしの茶の間」、「わたしの三面鏡」など、日常をさらっと描いた作品は、私のお気に入りである。
衣食住に対する様々な事柄が綴られているが、わたしにとっては知恵袋のような本である。
私も彼女のように背筋のピシッと伸びた女性でありたいと思っている。
 
今日の一枚は、赤ちゃんのときのごはん。
ごはんも、凛とした立派なスピッツに育つのだ!
 

昨日の一枚

cadc1b11.jpg
昨日のごはんの写真がアップされていなかった。
あらためて、御紹介。
風邪でダウンの私を守るごはん君。

復活?

050213_1345~01.jpgまだ、絶好調とは言えないが、とりあえず今日から活動再開。外回りの急ぎの仕事がたまってしまったので、朝から千駄木界隈へ。 今日は寒かったが、なかなかいい気分で歩き回ることができた。 でも、まだ食欲がないので、すてきなお店でチーズケーキとコーヒーを食べた。おいしそうなメニューがたくさんあったので、元気なときにまた来よう! 今、帰りの地下鉄の中。 ごはんくんが待っているから、急いで帰ろう! 今日の一枚は、おいしいチーズケーキ。そして、風邪でダウンの私を守るごはん。

風邪、最悪!

040427_1342~01.JPGますますひどくなる風邪。熱はないけれど、頭はガンガン、くしゃみの連発、うるさい咳。 いい加減、疲れた。 やることが山のようにたまっているというのに。明日は、絶対復活してみせる! 今日の一枚は、立ち上がるごはん。よく二本足で立っているのだ。

風邪ひいた

eebd2f9f.jpg
久しぶりに寝込んだ。
受験生がいるというのに、主人が悪性の風邪を持ち込んだのだ。
次女は咳が止まらず、昨日から学校を休んでいる。明日は祝日なので、何と5連休だ。
受験中の長女も、症状は軽いが風邪気味だ。
私は、次女と同じく咳がひどく、おまけに体がだるい。食欲もない。
 
昨日、がんばって出かけたのがいけなかったのかもしれない。
昨日は、次女の小学校のお食事会だった。
一年間お世話になりましたということで、今年度のPTAの実行委員が、学校から御招待を受けるのだ。
昨日の昼間は、少し咳が気になる程度だったので、お食事もおいしくいただくことが出来た。
夕方、娘二人を連れて病院に行き、帰ってきてからだんだん具合が悪くなってきた。
サッカーが終わったころには、かなりおかしくなっていた。
熱もなく、インフルエンザでもないのだが、この倦怠感は何だろう。
年のせいだろうか。
 
今日は、受験に出かける長女と主人を送り出してから、ばったりと寝込んでしまった。
次女も昼過ぎまで起きてこなかったので、ゆっくり寝ることが出来た。
家の中が静かなので、ごはんもクレートの中で静かに寝ていたらしい。
 
今日の一枚は、だっこされるごはん。
とにかく、だっこが大好きな変な犬だ!
 
 
 
 

年度末の工事

年度末のせいか、近頃、あちこちで工事をしている。この時期、渋滞の原因は工事であることが多い。 ラジオCMで、年度末に工事が集中していませんと流しているのを聞いたことがあるが、それってホント?本当だとしたら、私が住んでいるところは、日本ではないのだろうか。今日は、冷たい雨が降っている。雨の中、赤いダッフルコートを着て出かけたら、工事中の道路で、水たまりの泥水を浴びてしまった。歩行者の私がいるのに、無理に車を通したのだ。おー、なんてこった!

受験って……。

e98fc564.jpg
長女は、大学受験の真っ最中。
今日も、早くから大荷物を持って出かけて行った。
 
私の生徒の受験の結果も、そろそろ出揃ってきた。
昨日も、生徒のお母様から報告のお電話があった。
そのお母様と話しながら、数年前の中学受験のことを思い出した。
なかなか思うような結果が出ず、気持ちが沈んでしまいそうだったが、最後は娘の精神力で乗り切ったことを覚えている。
 
親が歯がゆい思いをしたり、ジタバタしたりすることも多いだろう。
「何でこんな問題も解けないの?」
そう思うことも日常茶飯事だ。
親が受験に打ち込めば打ち込むほど、そのような状況に陥る。
でも、子どもたちはいろいろなことを我慢して、ここまでがんばってきた。
どんな結果が出ても、そのことをまずほめてあげてほしいと思う。
 
以前、ある校長先生からこんな話をうかがったことがある。
「入学おめでとう。皆さんの中には、我が校が第一志望ではなかった方もたくさんいらっしゃると思います。でも、これからは、入学した我が校が第一志望だったのだと思ってください。そう思っていただけるよう、わたしたちも精一杯努めます。」
親としては、所詮ここは押さえの学校だからという気持ちもあるだろう。
だが、親がそんな後ろ向きの気持ちでいては、子どもたちも中学校生活を楽しむことはできない。
親子で、入学する学校で思い切り楽しもう。学校をどんどん利用しよう。
何から何まで気に入る学校なんて、あるはずがない。
まず、入学した学校のいいところを見てみよう。
「おや?」と思う点も、許せる範囲のことならば、あえて大きな問題ととらえるのはやめよう。
 
受験で思うような結果が出なかったとき、親は「これでこの子の人生は決まってしまった。」と考えがちである。
しかし、決してそんなことはない。
子どもたちの人生は、まだ始まったばかり。これから、輝かしい未来が広がっているのだ。
入学した学校で、どんな出会いがあるかわからない。
とにかく、前向きに! 前向きに!
 
今日の一枚は、赤ちゃんのときのごはん。
あーら、小さい!
 
 
 

お医者さまとの出会い

54241f9f.jpg
信頼できるお医者様と出会うことは、相性ぴったりの伴侶を見つけることよりも難しいかもしれない。
我が家でも、次女が幼稚園に入るころまでは、あちこちの小児科や総合病院をはしごしていた。
ある日曜日、次女が高熱! 休日診療の当番医は、以前あまりいい印象ではなかったところだ。
ここには、行きたくない。いい加減な対応と診察をされて、またいやな思いをするに決まっている。
ピンチ! そこで、タウンページを片手に、休日診療が可能なお医者様をさがした。
何軒目かで、たまたまお医者様本人が電話口に。
こちらの状況を説明すると、「午前の診察時間が過ぎてるけど、来てごらん。」とありがたい返事。
早速車を飛ばして、直行した。
どんなお医者様かとても心配だったが、「案ずるより産むが易し。」
とても丁寧に診察してくださった。その後、そのお医者様は、我が家のホームドクターになった。
長女が片頭痛の発作で悩んでいるときも、専門外にも関わらず、親身に相談にのってくださった。
子どもの診察に出かけるときも、「ところで、ママのほうは大丈夫なの? 年の離れた子どもがいるから、何かと大変だよね。」というあたたかい言葉。
いつも私のことまで気遣ってくださる。
このようなお医者様との出会いは、いまどきなかなかないことだろう。
幸い、長女の片頭痛も落ち着き、次女もあまり風邪をひかなくなった。
そのお医者様にお世話になる回数は減ってしまったけれど、「何かのときは彼がいる。」と思うだけで、何と心強いことか。
 
今日の一枚は、すやすや眠るごはん。何を夢見ているの?
 

シャラポワ

050113_2010~01.JPG浅越対シャラポワの試合を見終わって……。「シャラポワねえさん、怖い!」浅越が、シャラポワを本気にさせたということだろうが、何もそんなに鼻をふくらませてムキにならなくても、と思ってしまった。ムキになっても美しいところはすごい。これまでは、美人テニスプレーヤーというと、フランスのピエルスだったが、魔女っぽい美しさの彼女に比べると、シャラポワはまだ若いだけにかわいらしい。でも、無敵の強さを誇るほどになったころは、きっと今とはまったく違う彼女になっているのだろう。 シャラポワの雄叫びで、すっかり疲れた。やれやれ。 今日の一枚は、雄叫びにおびえるごはん。

やきもち

509033dc.jpg
スピッツのごはんは、すぐにやきもちをやく。
電話指導をしているとき、いつも怒っている。
子どもと電話でしゃべっていると、口調でわかるらしい。
「ぼく以外の人とは話さないで!」
そんな顔をして、怒っている。
 
今日の一枚は、ちょっとふて寝のごはん。
 

仕事の友

8b1bac1a.jpg
私は、言葉の森(http://www.mori7.com/)というところで、作文講師をしている。
毎日、いろいろな生徒さんに電話指導をし、その後、生徒さんから送られてきた作文を添削している。
電話で雑談に花が咲いてしまうこともあるが、どの子もみんな個性的でとても楽しい。
作文を読んで大爆笑したり、悲しくなったり、一緒に怒ったり……。
なかなかおもしろい仕事だ。
 
写真は、毎日の添削に欠かせない「仕事の友」。
赤ペンはいろいろ試したが、「can do」という100円ショップで売っているものにたどり着いた。
2本で100円という価格にも驚きだが、書き味が私好みだ。
数々のスタンプも欠かせない。「OK」「チェック」などのスタンプだ。
それから、感激したのが、2色スタンプ台。
これは、「クリスタル」という100円ショップで発見!
何か便利に使えそうなものはないかと、いつもあちこちで目を光らせている。
 
 
 
 
 

塾の送り迎え

9b38043f.jpg
塾の送り迎え。
母親の大きな仕事の一つだなあと感じる。
晩酌でもしたいところをぐっと我慢して、毎日毎日塾通い。
お迎えの時間は、塾前の狭い道路がお迎えの車でいっぱい。
短時間の駐車ではあるが、駐車スペース確保のために早目に家を出ていたことを思い出す。
長女が中学受験のときは次女がまだ小さかったので、眠くなったところでパジャマを着せて、寒い時期はコートを上に着せて……。
彼女は、車の中で眠りにつく日々だった。
そんな次女も今では小3。長女中心の生活で、いやなこともたくさんあっただろうに、のびのびと元気な娘に成長。
一方、長女は、今大学受験の真っ最中。
時の流れを実感するなあ。
 
今日の一枚は、ソファの上でガムをかみ続けるごはん。
 
 
 

暴走おやじ

icom2.GIF毎朝、娘を駅まで車で送るときに遭遇する暴走おやじ。彼は、ご自慢の二輪の愛車でキーンと登場する。歩行者、自動車。彼には、こわいものはない。ベルをしつこく鳴らせば、すべてのものが道を開けてくれると思っているらしい。こういう輩は、事故にでも遭わないとわからないらしい。次女が、ある日の彼を見て一言。「オレのドリフト走方を見ろ!」我が家では、彼のことを「チリリン野郎」と命名した。今日も、静かな朝に彼の愛車のベルが響いていたのだった。 今日の一枚の写真は、ごはんくん黄色バージョン。カレー色のごはんだから、カレーライスだよーん! お粗末。

お初

61366e71.jpgはじめまして。 一級品の寒波が襲来しているとかで、なかなかの寒さです。寒さに強い私としては、とてもうれしい季節であります。 気がついたら、あっという間にもう2月。この調子で、すぐに年末を迎えてしまいそう。今年は、衰えつつある自らの肉体を強化するべく、トレーニングを開始しました。 昨日も朝早くから、いそいそとトレーニングへと出かけました。慢性肩こりともこれでおさらば。夕方の犬の散歩も、軽快なフットワークで。継続は力なり。いつまで続きますことか……。 まめしぼりをかぶっているのは、散歩の友「ごはんくん」。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。