Home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1分骨盤ダイエット

あちこちで最近よく目にする、骨盤矯正や骨盤ダイエット。
書店で「1分骨盤ダイエット」という本を見つけたので、試しに購入する。

更年期真っ盛りなので、本当は適度な運動をしなければならないのだが、ここ数年、ぎっくり腰やら捻挫やら骨折やらと、整形外科にお世話になってばかり。
その上、膠原病予備軍のため、痛みもあり。
つまり、今の私は体に負担がかかるような運動ができないため、すぐに身も心もたるみがちというわけだ。
ダイエットということではなくても、骨盤矯正には興味があるので、さっそくざっと読んで試してみた。

タイトルに「1分」とあるが、本当に1分で骨盤を閉じるスクワットをする。
これを一日に四回すればいいらしい。
こんなに簡単でいいのかいなとやや不安になるが、腿から膝、ふくらはぎのあたりまでピーンとする感じ。
一日目のノルマを果たし、夜、ごはんくんの散歩に出てみると、歩き方が変化していることを実感。
歩くときに、足がスッスッとまっすぐ前に出るのだ。
ごはんくんがくんくんしている間も、気がつくときちんと足を揃えて立っていることに気づいてびっくりする。
ムム、これって、骨盤が閉じたってこと?

二日目の夜、料理をしているときにも、気がつくと足を揃えて立ち、包丁を握っている私。
最近ではほとんどスカートをはかないので、いつでも足が仁王立ち状態になっているのだが、これはどうしたことだろう。
何だか不思議。
そして、骨盤が閉じていることで、腰周りも少し細くなっているようだ。
二日にしてこの効果。
おなかの調子もよくなっている。
また、うちで仕事をしていると、ついつい何かをつまんでしまうことも多いのだが、変な時間にあまり空腹感を感じないので、間食をほとんどしていない。
背中もしゃんとして、いつもより姿勢も良くなっているような気がする。

うーん、これ、効果あるかもしれない。
とりあえず、しばらく続けてみようかな。
ずぼらな私には、1分を一日四回というお手軽なところも負担にならないし。



1分骨盤ダイエット―体重12キロ減!ウエスト13cm減、続々!!1分骨盤ダイエット―体重12キロ減!ウエスト13cm減、続々!!
(2007/12)
大庭 史榔

商品詳細を見る

スポンサーサイト

凛とした女の子におなりなさい (阿久悠さんの「日本人らしいひと」より)

久しぶりに暮しの手帖を買った。
母がよく読んでいて、小さい頃からなじみのある雑誌である。

さて、目次を読んでみると、先日亡くなった阿久悠さんの「日本人らしいひと」がまず目にとまった。
以下、引用。

女の子だからといって
ヨワヨワしていたり
メソメソしていたり
何かというと他人を頼りにして
愛しいと思われてみたり
そんな子である必要はないのですよ
助けてやりたいとか
庇ってやりたいとか
守ってやりたいとか
男にとってはいい気分だろうけど
そんなもの 美徳でも
魅力でもありゃしない
いいかい 女の子だって
強くってもいいんだよ


書かれていることすべて、私が少女時代からずっと思ってきたことだ。
ちょっと省略して、さらに続く……

傷つけないようにハッキリと言い
侮辱を感じさせない態度をしたら
あとは 自由に生きなさい
強く生きなさい
自由で強くてやさしい子を
凛としている言います
凛とした女の子になりなさい
凛とした……
近頃いないのです


そうか、私がずっとなりたいと思っていたのは、凛とした女の子だったのか。
そんな思いを抱いている人は、私の周りにはあまりおらず、変なヤツと思われたこともあった。
大学生になると、かわいげのないヤツと男の子達に言われたものだった。
そして、お決まりのように、
「おまえが男だったら、良かったのにな。」
と言われたものだった。

大人になり、おばさんとなった今でも、やはり人に頼るのは苦手。
甘えるのが苦手なところは、相変わらず。
でも、凛とした女の子を目指していたのだから、自分の思い通りの道を歩いてきたということなのかもしれない。

阿久悠さんを偲んで、彼の詩に描かれている女性について語っている人がいた。
この文に書かれているように、やはり「凛とした女の子」が、彼の詩の主人公だったようだ。
ただ、阿久悠さんが、この「凛とした女の子におなりなさい」のあとがきとして、大股で闊歩するのは結構だが、容貌やスタイルや態度と同様に、心が魅力的かと言うとそうではなく、ただの不行儀が多いと書いている。
確かに、そこが難しいところだ。
男勝りの女の子、潔い女の子はかっこいい。
しかし、そこにがさつさが見え隠れするのは、やはりいただけない。
どこか細やかさが感じられ、性別を越えた人間的魅力があるのが理想的だと思う。
二人の娘には、ぜひそんな凛とした女の子であってほしい。
そして、私自身も、凛としたおばさんに近づけるよう、日々邁進したいとあらためて心に誓ったりして……。

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。