Home  | Next >

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラットマン booklogのレビュー

googleアプリ版Kindleで読了。いつも持ち歩いているNexus7で読めるのは、荷物を減らせるので便利かなあ。Kindleには、だんだん慣れそうだし。
さて、この作品。 誰が犯人? あ、この人ね。と思ったら、そういう結末でしたかという感じ。筋は複雑でも、道尾秀介作品にしては、軽めの印象だったかな。

スポンサーサイト

夏休みの宿題は…。 → 読書感想文

夏休みの宿題には、あまりいい思い出がない。

高校野球の実況がかすかに聞こえる部屋で、イヤイヤ開く夏休みのドリル。

そのドリルの名前が冗談のようだった。

夏休みの友

どこが友なんだろうといつも思っていた。

読書感想文も嫌いだったなあ。

しかし、それでも作文を教える立場になるのだから、世の中、まったく不思議なものだ。


さて、先日のこと、春先に退会した生徒さんから、暑中見舞いの葉書が届いた。

今年も夏休みの宿題に読書感想文が出たらしい。

泣かせるような文面にグッときた。

以下 転記

今まで、先生がおっしゃったことを思い出しながら書きました。
これからも、作文や感想文を書くときは、きちんと思い出して書くようにします。




仕事上、悩むこともたまにあるけれど、

体調やほかの用事との兼ね合いでもう無理かなと思うこともあるけれど、

このような葉書の力で、まだもうちょっと行けそうかなと思い直したりするわけだ。


というわけで、この葉書を送ってくれた生徒さんは、今年の読書感想文はクリアしたもよう。

しかし、全国には夏休みの読書感想文という厚く高い壁の前で、立ち止まっている子どもたちがたくさんいることだろう。

そこで、おすすめの雑誌をご紹介。

プレジデントファミリー9月号

「作文、読書感想文のテクニック」という頼もしい付録がついている。

私が所属している言葉の森の中根先生監修の小冊子だ。

小学生の感想文だけではなく高校生の小論文にも対応しているので、大人の方々も一読の価値あり。



オリンピックが終われば、あっという間に夏休みも終わってしまいますよ。

まず、この小冊子を読んで、読書感想文を早く書いてしまいましょう。


プレジデント Family (ファミリー) 2012年 09月号 [雑誌]プレジデント Family (ファミリー) 2012年 09月号 [雑誌]
(2012/07/18)
不明

商品詳細を見る


黄金の配合率でつくる焼きたてパン

このまえ作ったピザ生地のレシピは、この本から。
確かに黄金の配合率だ。
ピザ生地以外にも、いくつかのレシピを試してみたが、なるほど納得。
古いタイプのホームベーカリーでこねているのだが、どれもとてもいい生地ができあがった。
ピザの数日前には、もちもち食パンのレシピで生地を作り、それを食パン型に入れて、上にリンゴジャムをたっぷりのせて焼いてみた。
これがなかなかおいしかった。
リンゴジャムが角切りリンゴがざくざく入っているタイプだったので、パン屋さんで売っているリンゴのパンのような出来上がり。
今度は、「素朴な味 なつかしい味 コッペパン」を焼いて、最後の方に載っているピーナッツバターも同時に作ってみる予定。
ほんと、パンを作るのって楽しい!
ホームベーカリーだから美味しい!黄金の配合率でつくる焼きたてパン ホームベーカリーだから美味しい!黄金の配合率でつくる焼きたてパン
濱田 美里 (2006/07/07)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


ベルマークのひみつ

ベルマークのひみつ ベルマークのひみつ
高井 ジロル (2006/06)
日本文芸社
この商品の詳細を見る


子どもたちの学校や幼稚園でベルマーク活動をすること15年。

お手元が見えづらくなっている(眼鏡屋さんは必ずこう表現する)私には、細かいベルマークの文字がよく見えず、年々辛い作業になってきているのだが、どの商品にベルマークがついているか、参加企業の番号、参加をやめてしまった企業のことなどなど、すっかり詳しくなってしまった。
でも、肝心のベルマーク財団についての知識は今ひとつ。

この本では、ベルマーク財団の成り立ちについても知ることができる。
そのほか、たまったベルマーク点数で買うことのできるもの、昔のベルマークなど、ベルマーク好きにはたまらない情報が満載。
この本を読めば、ハサミ片手にベルマークをさがしたくなることだろう。

旭山動物園へようこそ!

旭山動物園へようこそ!―初公開!副園長の飼育手帳・写真 旭山動物園へようこそ!―初公開!副園長の飼育手帳・写真
坂東 元、桜井 省司 他 (2006/07)
二見書房

この商品の詳細を見る


この前から本屋さんに行くたびに気になっていた本。
しろくまを名乗っている私は、当然しろくま好き。
旭山動物園にも、いつの日か出かけてみたいと思っている。
なかなか行かれないので本だけでも買おうかと迷っていたら、昨日主人が購入してきた。
さっそく、寝る前にごはんと読む。
写真が8割で、旭山動物園の人気者たちの貴重な瞬間を見ることができる。
最初の数ページは、しろくまの写真が続いている。
中ほどに載っているほっきょくぎつねは、最近白ぎつねさん化しているごはんくんのよう。
旭山動物園関連の書籍は、いろいろ出ているようだが、その中でもこの本はおすすめ。

少年剣道のきほん

どういうわけか、次女は今年のクラブ活動に剣道部を選んだ。
昨年はコンピュータークラブだったのだから、どういう気持ちの変化なのだろう。
竹刀とお稽古着を購入し、ようやく袴デビューとなった。
私も薙刀をやるので袴の着方はわかるのだが、やはり彼女自身でささっと身に付けられなければならない。
自分で読んでわかりやすい入門書をさがしていたところ、DVD付きのいい本を発見した。

明日がクラブ活動の日なので、入浴前に袴の付け方のお稽古をする。
何度かお稽古したが、もう大丈夫な様子。
袴もなかなかお似合いですよ。

正しく学んで強くなる少年剣道のきほん〈上〉―礼法から素振りまで楽しく覚える9ステップ 正しく学んで強くなる少年剣道のきほん〈上〉―礼法から素振りまで楽しく覚える9ステップ
菅野 豪 (2005/11)
スキージャーナル
この商品の詳細を見る

ドイツへ行こう!

先日、amazonで本を検索していたら、偶然にも学生時代の友人が書いた本を発見。

「ドイツへ行こう!」

ドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブック ドイツへ行こう!―2006ワールドカップ観戦ハンドブック
石井 学 (2005/08)
同学社
この商品の詳細を見る


さっそく購入。
ワールドカップの観戦ハンドブックなのだが、ドイツについての雑学もたくさん盛り込まれているので、ワールドカップにそれほど興味のない人でも十分楽しめる内容だ。

この友人は、今、NHKのドイツ語会話でも、サッカー用語のコーナーを担当している。
もうずいぶん会っていないけど、テレビに向かって「よ、久しぶり!」と声をかけたくなった。

ピーコの祈り

捨て犬の話は、たびたびニュースになる。

数か月前のことだったか、スピッツが何十匹と置き去りにされていたというひどい話もあった。

以前、次女が図書館で借りてきた 「ピーコの祈り」 という本では、生き物を飼うとはどういうことかについて考えさせてくれる本だ。

子どもと一緒に、ぜひ大人も読むべき本だ。

ピーコの祈り

そうそう、ほんとにそうだ。

以前、朝のテレビ番組でコメンテーターを務めていた日垣隆氏。

少年事件についての意見がよくとりあげられるが、それ以外でもかなりの守備範囲の広さ。

是非、著書を読まなければと思っていた。

偶然古本屋さんでみつけた一冊が、「偽善系 やつらはヘンだ!」

タイトルも気に入ったので、すぐに購入。

教育、情報化社会、少年事件……。

テーマは様々だが、「そうそう、ほんとにそうだ。」とうなずきながら一気に読んでしまった。

偽善系―やつらはヘンだ!

しばわんこで和の心を学ぶ

ときどき開いてはにんまり。
とても心が落ち着くシリーズだ。
しばわんことみけにゃんこが、伝えていきたい、忘れたくない日本の風習を教えてくれる。
いい年をして恥ずかしいけれど、知らなかったことがけっこうあったりして…。

しばわんこの和のこころ
しばわんこの和のこころ〈2〉四季の喜び
しばわんこの和のこころ〈3〉日々の愉しみ

いじめって その2

「さびしさの授業」に対するコメントで、「ハッピーバースデー」という本をご紹介いただいた。
気になったので、すぐに購入。一気に読んでしまった。
この本では、クラスのいじめだけではなく、親子間の問題について多く描かれている。
あらためて、人の心について深く考えさせられた。

ハッピーバースデー―命かがやく瞬間

名言・格言だったら、これが便利

名言選びで苦労する中学生。
私も、いつも一緒に頭をひねっている。
先日、BOOK-OFFで、こんな本を発見。
これが、意外におもしろくて使えそう。
次女も気に入ったらしく、ときどき読んでいる。
ドラえもんシリーズは、侮れないぞ。
 

ドラえもんの名言・格言まんが事典

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。