Home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラバケッソのクラレちゃん

最近気になっているCMは、クラレのミラバケッソのCM。
白くてもこもこした生き物が、「ミラバケッソ、ミラバケッソ」と言うかわいいCM。
白くてもこもこ。
まさに、ごはんくん。
たたずまいも何となく似ていたりして。
クラレちゃんはアルパカだから、きっと気持ちいいだろうな。
もちろん、ごはんくんも気持ちいいけど。

ミラバケッソキャンペーンサイト

スポンサーサイト

「ファイト」

朝の連続テレビ小説から目が離せない。
ヒロインが高校生というのは珍しいそうだが、それよりも何よりも朝から暗い。朝から重い。
ヒロインの優に、次々と試練が訪れる。(おしんレベル?)
家族の問題。父親の工場の問題。友だちとのこと。
優は、ひとりでそれに立ち向かう。
しかし、彼女には重すぎる。
まわりの人のことばかり考えて、身動きが取れなくなる。
親はいつも的はずれ。優の心の内を読むことができない。
彼らは、自分のことでいっぱいいっぱいなのだ。
そんな彼らを見ていると、本当に歯がゆい。
親ってこんなものなのか。
私も娘たちにとっては、こんなものなのだろうか。
親を悲しませないよう、優は、いつも笑顔で「はい。」と答える。
いまどき、なかなか聞くことのできないすてきな「はい。」だ。
でも、優の心は、いつもざわざわとしているのだ。
 
友だちとうまくいかなくなり、自分を責めた優は学校に行かれなくなる。
とても他人事とは思えず、真剣に見てしまった。
私の生徒の中には、いじめにあっている子が何人かいる。
電話だけのつきあいだが、いじめの相談を受けることもよくある。
どうしようもなくなり立ちすくむ優の姿が、生徒たちとだぶり、心穏やかではなかった。
何も知らない親。何もできない先生。
電話で話を聞くことしかできない私自身は、生徒たちにとって何かの救いになっているのだろうか?
 
今週も、優は父親の仕事のことで辛い思いをしている。
彼女には重すぎる。すべてのことが、彼女には辛すぎる。
これから、どのように解決していくのだろう。
 

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。