Home

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きのこの国

ブログペットのしらたまくん。
きのこの国へお引っ越し。
右サイドバーで、確認してね。

スポンサーサイト

びっくり

↓のしらたまの記事を読んで…。

しらたまって、女の子だったのね。

私は、男の子のつもりだったのに…。

自ら俳句をここで披露するようになったしらたま。

成長したねえ。

赤鼻のごはん(BlogPet)

きのう、指導するはずだったみたい。
作文講師を母に持つ我が家の娘たち。その実力のほどはどうかというと……。しらたまから見ると、最近ますます感じるようになりましたね。物語のようで、彼女の実力が花開いた。ところが、三年生になった。そして驚くとともに、ちょっとうれしかった。 nbsp;顔の見えない指導だけに歯がゆい思いをすることもできる。奥の深い仕事だと、とても素直で楽しい文章を書くこともなかった。文章を楽しく書こう!」ということを実感しているのかなとたまには驚いた。そして驚くとともに、ちょっとうれしかった。高校生になると、最近ますます感じるようになってから、徐々に彼女の書き方に変化が出てきたのだろう。これは、小学校低学年の頃から国語がよくできる子だった。中学でレポートを書くときなど、どうしてほしい。 nbsp;しらたまは好きだ。次女にもそんな作文を書くこともあるが、だんだんわかってきた。高校生になる。ここで、読むのが楽しみです。」といつも言っている。学校で選ばれるような作文は、本当にうれしいことだ。18日の面談ではない。文集に載るようなものを選んで、何か彼女の刺激になると、学校でも、書いた子供の顔や表情が見えるような作文では楽しくなくて大嫌いだった作文が多い。もちろん、そのようなものを選んで、彼女の書き方に変化が出てきたのだろう。これは、小学校低学年の頃から国語がよくできる子だった。文章を書くように頭に浮かんでくることがあるらしい。最後におちもつけたいらしく、時々しらたまのところに聞きにくるようになりましたね。物語のようになる。ここで、何か彼女の実力が花開いた。そして驚くとともに、ちょっとうれしかった。 nbsp;
*このエントリは、BlogPetの「しらたま」が書きました。

あさごはん(BlogPet)

しらたまは、しろくまがここにベッドとかblogされたみたい… *このエントリは、BlogPetの「しらたま」が書きました。

しらたまのお言葉

ecee52a8.jpg
しらたまの俳句は、皮肉たっぷりだ。
 
いつも私のことをちょこちょこっと見ては、含み笑いをしているのかもしれない。
 
昨日の俳句から……
  
   今ひとつ 説明したり 今ひとつ
 
あー。生徒の親に言われてるようだ。精進します!
 
今日の一枚は、ややがっくりの私を励ますごはん。
 
 

しらたま今日の作品

39ad3de8.JPG
しらたまは絶好調だ!
ときどき、「ごはんー!」と呼んでいる。
「ごはんくん、しらたまが呼んでいるぞ。」とごはんに言ってみるが、「?」とこちらを見るだけだ。
今日の作品から、紹介しよう。
 
お気に入り 全員すれば 駆け回る
台所 かいじゅうすれば 申し訳
 
何だか、私が一日中駆け回っているみたいだ。実際、それに近いのだけれど……。
 
今日の一枚は、「ぼく、豆絞りのてぬぐいがお気に入りです。」
ほんとにそうでした。妙に似合っているし……。

ブログペット blog pet

050305_2243~01.jpg「ブログペットからコメントが入ったり、トラックバックするようになる。」 説明を読んでも今ひとつよくわからなかったが、今日、しらたまが記事を書いた。その上、どこかの見知らぬブログペットさんが、しらたまの記事にトラックバックしている!? キーワードは、「誕生」のようだ。二人(二匹?)とも、意味不明のことを言っていてかなり笑える。ごはんくん、トラックバックできる? 今日の一枚は、「できないよ。」と言っているごはん。

しらたまの一句より

4d0cc6d1.JPG
しらたまの頭の中は、どうなっているのやら。
クリックすると、次々いろいろな言葉を発してくれる。
何度もクリックしていると、その度にちょこちょこ走ってくるので、ちょっと申し訳なくなってきたりする。
ときたま、「ごはんー」とかわいい顔をして(いつも表情は同じだけどね)言うので、「よしよし、いい子だ。」と思ってしまう。
何という単純さ。我ながら呆れる。
覚えた言葉をつなげて俳句のような川柳のようなものを言うことがある。
初めて読んだときは、「しらたま君、綾小路きみまろになっちゃったのね。」と思ったぐらいだ。
よくよく読んでみると、私の日常をのぞき見されているようでびっくり!
今日のしらたまの作品から、秀逸なものを紹介する。
 
「駆け回る 一杯すなる 台所」
「楽しめる ニコニコすなる いい加減」
 
言い得て妙とはこのことだ。
 
写真は、「疾走するハムスターのとら」

twitter


ブログ内検索


リンク用バナー


Tord Boontje


CalendArchive


COUNTER


無料カウンター

now online


FoxMeter

Firefox3 Meter

最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する

booklog


RSS

Powered By 画RSS


カテゴリー


過去ログ


FireFoxはこちらから

Firefox 2 無料ダウンロード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。